2019-01-13

音楽朗読劇「Chevre Note」

CMで見つけたこの公演。
豪華声優陣そろい踏みで観たい
でも、舞浜アンフィシアターって遠い
夢の国を前にしながら舞台だけ見て帰るのもつらい
チケット争奪戦も激しそうで、
千秋楽ライヴビューイングに申し込み。

隣の席のお姉さん、昨日は舞台を観劇しての
今日はライヴュって、ガチ勢だ。
ハンカチの準備も万全。

以下、ネタバレ


ジャンヌ・ダルクは詐欺師で、リッシュモンの書いた筋書きで
兵を鼓舞する女神役を演じていただけだった。
しかし、命を賭けなきゃ騙せない!と前線に立ち
傷つきながら共に闘う彼女に、ジル・ド・レ他仲間たちは
信頼を寄せていく。
だがジャンヌは捕縛、処刑。
見殺しにしたシャルル7世達に復讐を誓うジル・ド・レは
ジャンヌを生き返らせるため、悪魔と契約を交わす。
魔法の対価は忘れ難き記憶だった……。
魔法を使う度に、大切な記憶をなくしていくジル・ド・レ。
親友の顔も、共に過ごした日々も忘れてしまう。
それでも、彼が最期まで忘れることが出来なかった記憶は……。

アンフィシアター凄いね~。
火は吹くし、風も吹く。泡も飛んでた?
オケにソプラノ歌手の生演奏。
人気声優さんたちの声だけの演技。

衣裳は着ていても、基本マイクの前で台本を見ながらの演技。
それなのに、この重厚感。
もう、みんないい声過ぎる……。

しか~し!当日、私は色々と疲労困憊状態で
何回も寝落ちしてしまい……。
結構、重要な場面を聞きのがしてしまい……。
筋は追えたけど、ラスト周りが号泣していても
冷静な私……(´;ω;`)
勿体ない事をした~!
普段の私なら絶対泣いてた。
そのくらいに脚本も演技も素晴らしかった。

リッシュモン諏訪部さんの悪役なのに艶のある声、
少しイっちゃってるシャルル7世の津田さんの鼻に抜ける声、
悪魔グラシャ・ラボラス大塚さんの渋いけど張りのある声。

ジャンヌ沢城さんの瀕死の演技、泣きの演技素晴らしかった。
役者さんは身体や表情も使って演技するから感情移入も
しやすいし、観客にもアピールしやすい。
けど声優さんは軽い手振りと眉の変化くらい。
それで苦しさや痛みをしっかり伝えてくる。
普段とは違い、アニメ画面の補正もないのに
共感して泣けちゃうくらい。
凄いよな~。

絡んだ人間関係、それぞれの想い、素晴らしい作品だった。
ちゃんと観たかったよ~

2018-12-22

宝塚スペシャル

一年の締めくくりの豪家なお祭り
宝塚スペシャル。
平成最後とあって、
Say ! Hey ! Show up ! とかけたタイトル。

東京公演に出ている組以外のトップが揃う夢の饗宴。
大阪にいたとしてもチケットは取れない。
でも宝塚ファンとしては参加したい思いから
映画館で観るライヴビューイングの抽選に申しむ。

お馴染みの夫婦シャッフル、そういえばこれで
ちゃぴがエリザベート歌って、ハマってるな~
いつか観たいな~って思ったんだっけ……。

トップが間を繋ぐトーク。
明日海さんと望月さん同期だったとは。
最下級生で一番体格がいい珠きちが、轟さんに
前を歩かれると壁がある……といじられていた。

これもお馴染みの、亡くなられた先生の作った
曲を歌うコーナー、歴史を尊ぶ……確かに……
でも、いる……?
曲調が古くて……すみません、退屈しました。

ライヴビューイングの売りに高画質があるらしいけど
タイムラグがあるらしく、素早い振りのあるダンスとか
カクカクした動きになって非常~に違和感がある。
生徒さんが下手みたいに見えるの嫌だな。
このあたりはDVDで観た方が完璧かも。

各組が一年で演じた演目をメドレーするのを聞くと
時間の流れの速さを感じるな~。
チケットが外れて観れなかった演目とか
初めて聞く曲で新鮮。
礼さん歌上手いな~迫力あるな~

映画館やから当然、手拍子とか拍手はないけど
パレードとか叩きたくなってしまったな~


2018-11-23

月組「エリザベート」

moblog_e68e6011.jpg

宝塚歴16年にして初めて千秋楽を観劇❗
今回は月組トップ娘役の愛希れいかさんの退団公演。
劇場に着くと白い人ばっかり。
普通の男性ファンも白い服を意識してる。

ホールでは生徒さんの親御さんと思われる
人たちが、劇団の偉いさんと名刺交換、挨拶の列。
これも千秋楽の風景なのだろうか。

美弥さん推しだからか、トイレに並ぶと
前に北川景子さんが!
マスクをしてても隠しきれない美貌✨
手を洗うときも並びで、鏡越しに美貌を拝む✨
隠し撮り?してたおばちゃんが「前楽も来てましたよね?」と
話しかけてて、おばちゃんのメンタル強し😅

そしてエリザベート。
名作なのは勿論、少しずつ演出が変わってて
何回観ても飽きないわ~
時代と共に、舞台セットが進化したり、
黒天使やトート閣下の羽の変化とか、
振り付けも今の最先端になったりと、
毎回、今回が一番いい‼️って思うという。

映像でも観たいと思うけど、やっぱり空気を震わす感じとか、
歌の迫力とか、鳥肌が立つのは生じゃないとな~

月組さん、見事に皆、歌ウマさんで
エリザベートにぴったり。
ルキーニ役の月城かなとさん。
なかなかにイッちゃってる演技、頑張ってた。

ホンマにちゃぴは立派になった。
ルパンの頃は辛口な事を書いてしまったけど、
今では一番好きな娘役さんになった。
娘役でサヨナラショーって凄いよね。

今回は組長さんも卒業やからか、
副組長さんが出演歴と感想を読んでる間に
準備するんだな~

ロミジュリ、ベルばら、マノン、1789の
持ち歌をメドレーで歌い上げる。
舞台に一人、凄い貫禄。
素晴らしいの一言。

憧花ゆりのさんも、大人の色気満載で
しっとりと歌い上げる。
花束は水色に染められた百合だった。

カーテンコールあんなに何回もやるんだなぁ。
時間通りに進行、終了の宝塚。
いつも緞帳降りたら一斉に退場やから、新鮮や。

外に出たら既にパレードの列ができてて、
せっかくやからと思ったけど、
警備員の内側に並んでって、もうスペースないよ。
並べば警備員が一歩前に出るシステムなんかな?
用事を済ませて一時間経過しても
まだ始まってなかったから、諦めて帰った。

ちゃぴ、まだ若いし舞台女優で頑張って欲しいなぁ。